ホーム  >  まめ知識  >  1 区分所有法

まめ知識

1 区分所有法

共同生活を円滑にし、共有財産を守る為の法律です

マンションのルールの基本

区分所有法

マンションのルールの基本となるのが、区分所有建物の所有形態、専有部分と敷地の権利関係及び管理などの原則を定めた「建物の区分所有等に関する法律」(略称「区分所有法」)。

1,管理組合は区分所有者全員で構成する
区分所有関係が成立すると同時に区分所有者全員を構成員(組合員)とする団体(管理組合)が自動的に成立します。
2,共用部分は区分所有者全員の財産であり、全員で管理しなければならない
共用部分の管理は、共有者である区分所有者全員で行います。
3,区分所有者やその家族、賃借人は、共同の利益に反する行為をしない義務を負う
区分所有者や賃借人は、共同の利益に反する行為をしない義務を負います。共同の利益に反する行為を行ったものに対して、管理組合は集会の決議により、訴訟を提起することができます。
4,共用部分の維持管理の費用は、区分所有者全員で負担する
管理の為に必要な費用(共有財産の維持管理等に必要な費用)は、区分所有者全員で負担することが決まっています。
5,専有部分と敷地利用権を切り離して処分することはできない
敷地が分割して所有されている場合や、管理規約で別段の定めがある場合を除き、原則として、建物の専有部分と敷地利用権(敷地に対する所有権や地上権、借地権等の権利)とを分離して処分はできません。
6,売買等で区分所有権を引き継いだ者は、前の区分所有者の権利と義務を引き継ぐ
売買等でマンションを入手した人は、特定承継人となり、前の区分所有者の権利と義務を引き継ぐことになります。
7,共用部分の管理運営に関する重要事項は、管理組合集会によって決定する。
区分所有法では、集会(法律では「集会」となっていますが、以後、「総会」と表記します)を管理組合の最高意思決定機関として位置づけています。
管理組合の通常総会は、少なくとも、毎年1回開催しなければなりません。
8,規約の改正・廃止・共用部分の変更は、4分の3以上の多数で決定できる
区分所有者相互間の重要なルールである規約の設定・改正・廃止や、共用部分の変更(多額の費用を要しない、改良を目的とした変更は除く)については、総会で区分所有者数及び議決権数のそれぞれ4分の3以上の多数で決定されます。
9,管理組合は、法人として登記することができる
区分所有者が2人以上のマンションでは、総会において区分所有者数及び議決権数のそれぞれ4分の3以上の多数で、管理組合法人として登記することが決定できます。
10,建て替えは、5分の4以上の多数で決定できる
建物の著しい老朽化等によって建て替えの必要が生じた場合は、総会において、区分所有者数と議決権数のそれぞれ5分の4以上の多数で建て替えができます。
11,団地型の区分所有建物にも、区分所有法が適用される
1団地内に数棟の建物が建てられている、団地型の区分所有建物にも、区分所有法が適用されます。
[綛恰]9:00鐔19:00[]9:00鐔17:00[篌罐]ユャ腑腑ャ綛贋綛翫
[篌ャ糸紫ユ<障]TEL:0586-45-5181
障羂荵純肢宴絨鴻帥茯c絲上障
若 潟激с割 膩ュ上 障ヨ 羆榊